2022年12月14日開催セミナー『問いのデザイン』著者が語る「正解のない時代を生き残る課題解決組織の作り方」

イベント概要

VUCA時代経営においてもこれまで以上に早く、かつ質の高い判断が求められています。正解がないからこそ、企業内では課題解決のためのチームの話し合いにおいて「良いアイデアが生まれない」「チームの一体感がない」といった課題が頻出しています。

そもそも何を解決すべきなのか、「本当に解くべき課題」を正しく設定できなければ、根本的に解決の方向性がずれてしまい、関係者に「創造的な対話」は生まれない。企業の商品開発・組織変革・人材育成などの複雑な課題解決の現場において、問題の本質を見抜く。そして解くべき課題を正しく設定し、関係者を巻き込み、課題解決のプロセスをデザインするための思考法・スキルについてまとめた『問いのデザイン: 創造的対話のファシリテーション』の著者、安斎勇樹氏・塩瀬隆之氏へ自立的に課題を解決できる組織の作り方を伺います。

イベント情報

イベント名
『問いのデザイン』著者が語る「正解のない時代を生き残る課題解決組織の作り方」
開催日程
2022年12月14日(水) 16:00-18:00
参加方法
Zoomを利用したオンラインでの開催
参加費
無料
主催
Indeed Japan 株式会社
対象者
採用に関わる責任者、人事の統括責任者、および人事に関わる役員・経営者

登壇者プロフィール

タイムテーブル

  • 16:00
    |
    16:02
    ご挨拶
  • 16:02
    |
    17:45
    『問いのデザイン』著者が語る「正解のない時代を生き残る課題解決組織の作り方」
    安斎 勇樹氏
    株式会社MIMIGURI代表取締役Co-CEO / 東京大学大学院 情報学環 特任助教
    塩瀬 隆之氏
    京都大学総合博物館准教授
    ①なぜいま「問い」が重要なのか ②組織の問題発見と課題解決 ③「問いかけ」をチームに浸透させるために ※HRアワード2021最優秀賞を受賞した「問いのデザイン」をベースに講演を構成する予定です。
  • 17:45
    |
    18:00
    Q&A

https://indeed-omrj.com/event_20221214
このページのURLをコピーする
URLをコピーしました。
お申し込みフォーム
個人情報の取扱について

この情報を提供することにより、Indeed Japan K.K. のプライバシー規約および利用規約に従って情報が処理されることを承諾したものとみなされます。メール配信を停止するには、メールの下部にある配信停止のリンクをクリックするか、いつでもメール設定ページで設定可能です。今後お電話でのご案内をご希望されない場合は、その旨電話主にお伝えください。

は回答必須項目です。

その他開催予定のイベント
イベントレポート記事